授乳後胸を大きくハリのあるぷるぷるバストにする4つの方法

th_zyunyuugo授乳後の小さくなった胸を何とかしたい

と悩んでいるママ達必見!

今からでもまだ間に合う。

おすすめの解決法をご紹介します。

授乳後胸が小さくなった、胸がしぼんだなどよく聞く話です。

子育てをしてるママでよくある経験だと思います。

そんな授乳後の小さくなったバストを戻すことはいったいできるのか?

授乳後の胸が小さくなる原因とはいったいなんなのか?

授乳後の胸が小さくなる原因

gakkari

妊娠中は子供を育てるために女性ホルモンが通常の数十倍分泌されます。

女性ホルモンの一種であるプロゲステロンは乳腺を発達させ母乳を作る準備をするためにバストが大きくなったり、張ったりするのです。

女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)は産後とともに急激に低下してしまいます。

授乳中の女性はプロラクチンという母乳を作り出すためのホルモンが優位になります。

プロラクチンのおかげで母乳が作られて、さらにバストが大きく張ってきます。

授乳が終わると徐々に母乳が作られなくなってきますのでバストは萎んでいきます。

そうなると今まで大きかった胸は大きくなった分皮膚も伸びてしまいます。

伸びきったバストの皮膚がバストが小さくなることで垂れてしまいますし、小さくなってしまいます。

これが原因で胸がしぼみ小さくなっておばあちゃんみたいな悲しい胸になってしまうんですよね。

そんなおばあちゃんみたいなしぼんだ小さい胸を大きく戻すことはいったいできるのか?

大丈夫です。戻すことはできます^^

授乳後の胸を大きくハリのあるぷるぷるバストにする4つの方法

zyunyuugo

解決策はこちらです。

icon-point01

 

  • 大胸筋を鍛える
  • 美容液やクリームでハリを与える
  • 食事で内面的にケア
  • バストアップサプリを使う

1つづつ説明していきますね^^

大胸筋を鍛える

妊娠から卒乳までに妊娠前よりもかなり大きくなるバスト。

バストが大きくなればそれだけ重くもなってしまいます。

重くなることでバストを支えているクーパー靭帯にもかなりの負担がかかってしまいます。

このクーパー靭帯に負担がかかり切れたり、伸びたりすることで垂れたバストになっています。

本当は妊娠~卒乳までの期間にナイトブラなどでケアすることが1番ですが、

ケアしていない、できなかった女性は大胸筋を鍛えることでクーパー靭帯の手助けをしてくれます。

バストの垂れ改善だけでなくバストアップ効果も期待できるので是非取り入れてみてください。

注意点としては大胸筋を鍛えすぎると、バスト自体が筋肉になってしまい硬いバストになってしまうので注意してください。

でもボディービルダー並にトレーニングしないとそうそう硬いバストにはならないのでそこまで実際は気にしなくても大丈夫です。

大胸筋を鍛える方法に関しては以下でご紹介しています。

>>大胸筋を鍛えて垂れ予防&バストアップ

美容液やクリームでハリを与える

伸び切ってしまったバストの肌にハリや潤いを与えぷるぷるのバストにするためにクリームや美容液でケアする方法がおすすめです。

あまり日頃からケアしている女性も少ないですので、お風呂上がりに顔と一緒にケアするだけでも全然変わってきます。

最近ではバスト専用の美容液やクリームも販売されています。

バスト専用の方がやはり効果は高いですが、いつも使っている物でも代用できます。

美容液やクリームを使ってマッサージすることが皮膚にハリと弾力を与えてぷるぷるバストになる近道ですよ。

↓ 当サイトイチオシのバストアップクリームはこちらです↓

→【これを使ってあなたも明るい未来へ!】← 

食事で内面的にケア

やはり生きていくうえで大切な食事!

食事をしっかりバランス良く摂ることでバストも成長します。

なのでバストにいい、バランスのいい食事を摂取しましょう。

ですが、子育てでなかなか時間が取れないママは自分の食べるものが疎かになってしまいがち。

授乳中だと子供にも栄養が行くし、食欲旺盛になるのでたくさん食べたりしてたけど

いざ卒乳したら産後太りのためのダイエットだったり食べ物に対して疎かになったりすることもありますよね。

そんなときは簡単なことから取り入れましょう。

例えば、バストアップに繋がる豆乳を飲む!

これなら簡単なので続けることができると思います。

→【豆乳のバストアップ効果がすごい!】←

その他にもバストアップに効果的な食事や栄養素もご紹介しておきますので気になる女性はチェックしてみて♡

>>胸を大きくする食べ物!食事でバストアップ

 バストアップサプリを使う

1番簡単にできる方法がバストアップサプリを飲むことです。

ですが授乳中では服用できないものが多く、卒乳や断乳してからじゃないと使用できません。

最初にご説明したように授乳中は女性ホルモンが低下し、プロラクチンが優位になっています。

女性ホルモンが低下しているので、体内から女性ホルモンを活性化させバストアップさせる事は理にかなっていることだと言えます。

さまざまなバストアップサプリがある中当サイトでおすすめしているのは副作用の危険性が少ないものです。

こちらの記事でバストアップサプリについて紹介していますので合わせてお読みください。

>>バストアップサプリとクリームどっちが結局いいの?

まとめ

授乳後小さくなってしまった胸が・・・と悩んでいるママ達!

先ほど上で説明したことを参考に行動してみてください。

クリームとサプリどっちに使用と考えている方は

バストアップクリーム:同時にバストの肌のキメ、ハリをアップできる!

バストアップサプリ:バストアップをメインにしている!

このような違いがあります。

ママになっても女性♡綺麗な女性、ママになるために頑張りましょう。

  • にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ