プエラリアとは?成分や副作用など知らなきゃ危険

th_puera

さまざまなバストアップサプリに含まれている”プエラリアミリフィカ”

そのプエラリアの成分や副作用などをご紹介したいと思います。

バストアップしたいと思っている女性は、この記事を参考にしてプエラリアの成分や危険性、副作用などを理解してくださいね♪

プエラリアとは?

Pueraria

胸を大きくしたい!そこからいろいろネットで検索すると出てきた。そんな経緯でプエラリアミリフィカを知った女性が多いですよね。

簡単に言うとプエラリア=胸を大きくする成分!

これはこれで正解です。

プエラリアとプエラリア・ミリフィカは別です。

プエラリアは大きな植物のくくりで、その中にプエラリア・ミリフィカという種類があります。

そんなプエラリアの原産国はタイの山岳地帯に自生するマメ科の希少な植物です。

プエラリア・ミリフィカ以外の植物には含まれていない、唯一女性らしさやバストのスタイルを整える有効成分ミロエステロールがプエラリアには含まれています。

植物性のエストロゲンであるイソフラボンが大豆の40倍含まれています。

美乳効果のプエラリン(イソフラボンの一種)も含まれています。

プエラリアの効果

casal-1612464_640

それではプエラリアの効果をご紹介したいと思います。

  • バストアップ効果
  • 美肌効果
  • 代謝アップ効果
  • リラックス効果
  • 更年期障害改善

などの効果があります。

その中でも有名な効果はやはり『バストアップ』です。

上記で説明したようにミロエステロールが含まれていたり、イソフラボンが大豆の40倍も含まれています。

ミロエステロールは女性ホルモンを活性化させる働きがあり、イソフラボンの1000倍以上の作用があるとされています。

それだけすごいミロエステロールはプエラリアにしか含まれていません。

イソフラボンは植物性エストロゲンと別名言われていて、女性ホルモンと同じような働きをしてくれるためにバストアップ効果があります。

プエラリアの副作用

syokku

  • 生理不順
  • 不正出血
  • 頭痛、福通
  • 抜け毛
  • ニキビ
  • 肌荒れ
  • 不妊症
  • 頭皮の乱れ
  • 血行不順、冷え性

このようにさまざまな副作用がプエラリアにはあります。100%副作用が出ないとは言い切れません。

個人差によって副作用が出る女性もいれば出ない女性もいます。

副作用のポイントとしては1日の摂取量が重要になってきます。

プエラリアの原産国であるタイではプエラリアの摂取量は1日100mgまでとされています。

日本ではプエラリアの摂取量に決まりがないのが事実です。副作用の関係で1日400mgを超えない方が良いとされています。食品として摂取できる量は200mgです。

このことからバストアップサプリを選ぶ際は副作用の危険があるので1日100mg以内のサプリを選びましょう♪

まとめ

プエラリアの成分や副作用を理解できましたか?

正しく服用すれば副作用の危険性は少ないです。

副作用が少なくバストアップできるので胸を大きくしたい女性にはラクでおすすめな方法になります。

プエラリアが怖い!と思う女性はプエラリアが含まれていないバストアップサプリもありますので是非活用しましょう♪

副作用が出てからでは遅いのでしっかり理解してバストアップのために努力していきましょう(^^)

  • にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ